秋桜舎

目的

高齢になり認知症や障碍を抱えるようになっても、誰もがいつまでも住み慣れた所でなじみの人たちと一緒に、自分らしく暮らし続けられるよう支援します。

秋桜舎

運営方針

少しでも長く、一人でも多くの人が自宅や自宅以外の在宅で暮らし続けられるよう支援します。

普通の暮らしを支援するには、普通の暮らしの感覚に併せて、認知症や障碍に関する専門的な知識や情報、技術が必要です。”さりげない、いざとなったら、とっておきの専門性”を磨きながら普通の暮らしを支援します。

”一日一度は外の風 週に一度は他人の顔 月に一度は街の風”をモットーに普通の、これまでとそう変わらない地域での暮らしを支援します。

小規模多機能型居宅介護事業

〇主な設備

・居間と食堂
・お泊りの部屋
・エレベーター
・地域交流室
・トイレ
・台所
・浴室

〇利用定員

登 録 29人
通 い 18人
泊まり 5人

〇スタッフ

・管理者  ・計画作成者
・介 護  ・看護スタッフ
日中は、おとしより3人に1人以上のスタッフが、夜間は夜勤スタッフ1人が支援にあたります。
なお、日中夜間を問わずスタッフが必要に応じて訪問にあがります。

百歳体操

百歳体操

昼食準備

昼食準備

地域との交流

地域との交流

節  分

節  分

新しい【在宅看取り】のカタチ

◆自宅ではないが・・・

◆自宅に近い地域密着型

◆小規模多機能型居宅介護事業所での看取りを「もう一つの看取り」といいます。

暮らしの様子

おとしよりも
一緒に
食事の準備
ふーんっ、こんなんを盛付と言うの・・・
さりげなく
配慮された
お風呂
いい湯だな 我が家の風呂と変わらん
主婦歴60年
食器洗い
ねえちゃん、きれいに洗えたか
独りでゆっくり
落ち着きのある
トイレ
写っているのは?ワシじゃ???
必要に応じて
「泊り」も
出来るよ
おねえちゃん、呼んだらすぐに来てや
2階が「泊りの部屋」
エレベーターもあり
安心
少し狭いが 楽ちん楽ちん
年に4回
地域の方も入って
「運営推進会議」
街に溶け込んで 助け合いの拠点となってます

ご利用にあたって

利用時間 9:00~17:00
利用料金 泊まり利用の場合の日額(例)
介護保険料/月 宿泊代 食事代
要介護3 約23,000円 2,530円 朝食 330円
昼食 550円
夕食 550円
おやつ 110円
令和2年7月29日(現在)でのご利用可能状況
ご利用定員 ご利用者 ご利用可能枠(空き)
29名 22名 7名

石部中学校区もしくは周辺区域の方のご利用が可能です!
まずはお問い合わせください。

評価・実績に関するご報告

ページトップへ